honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「はだかの公開面接 一次審査」@阿佐ヶ谷ロフトA

峰なゆか主催のトークイベント。誘われればそら行くわ。
ゲストは森下くるみ。面白かった。
では当時のつぶやきとともに適当に。畳む。

まあそうだろうなあって感じ。さすがにすごい、すごい集客能力だ。未来的な格好で峰なゆか登場。声が甲高い。森下くるみ、最近はこんな感じなんだ(デビュー当時の雰囲気しか知らないもんで)。森下くるみ加藤鷹のことを超リスペクトしてるのがよくわからない…みたいな話。いやすごいプロですよ、でも言われてみればそんな持ち上げるほどでもないかな…と揺らぐ。自分(峰)も特に嫌なこともないけど、「うるさいわ」みたいな意見はあるよね、みたいな(※後から思い出して書いてるんでうろ覚えにも程があります、ご了承ください)。峰「ここに100人くらい男性いるとして、セックスしてもいいかなって思う男性は一人いるかいないかくらいだと思うんですけど、100人女性がいたら95人くらいはおまんこ舐めてもいいかなってなると思うんですよ」。森下くるみとともに「はぁ、そうですか…」みたいな。ですか…ですよね…いや別にそういうつもりで来たわけでは…森下くるみの「デビュー作大マグロ事件」(自分でそう言ってた)の話。あと撮影前に「ヤクザに味見と称して輪姦される」みたいな。どこソースの想像なんだ。これこれ、
AV女優 (2) (文春文庫)

AV女優 (2) (文春文庫)

この表紙が森下くるみ。書き手として本当に尊敬してるとのこと。「私が逆にインタビューして『中村さん、本当はAV女優にひどいフラれ方したんじゃないですか?』って聞いて、『違ぇよ!』って言われたら『…そう言って敦彦は、目を逸らして下唇を噛んだ』とか書こうかな!」って。
らふ

らふ

「満たされ」ってのが「ゆるふわ」とかに通じる感じだろうか。峰なゆかは親に勘当されたけど、森下くるみの母親は地元で会う高校生とか(当然初対面)に「うちの娘、森下くるみって名前で東京でAVに出てるんですよ!」とか言ってるとのこと。それもそれで大変だ…