honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」

ギャバンが銀幕で復活…!ついに来たか!」と、ガタッと立ち上がった。駆けつける以外の選択肢などない。時は来たんだ。グズグズするなよ!当時8歳!思い切り直撃世代!新宿バルト9の10時10分〜の回。
客席に着くと周囲はゴーカイジャーそのものに惹かれて来た親子連れ(しかし父親はギャバンへの熱い思いを秘めているはず…)、ゴーカイジャーに出てる俳優のファンとおぼしき女子グループ(上映後の話がなんとなく聞こえてきて推測)、そしてギャバンだからということで駆けつけた冴えない風貌のおっさん(電人ザボーガーに駆けつけたおっさんと100%一致)のグループ、冴えない風貌のおっさんひとり客で満杯!冴えないとはなんだ!表に出ろ!いややっぱ映画観よう。すごいな東映、完璧な興行!

作りはパワフルというかまあ勢い重視で正直荒いんだけど、期待されるものはほとんどあった。さすがだ。叶和貴子とナレーションの人(TVシリーズの方で「ではその蒸着プロセスをもう一度見てみよう」って言う人)には出演打診はしたのだろうか…ちょっとでも出てほしかったな…現役の方たちだしさ…って振り向きまくり。
ゲストの佐野史郎、登場と同時に全世界の誰に見せても「あっこいつ悪いやつだよ!騙されてるよ!」って思えるのがすごい。そう思った十秒後くらいに本性あらわしてその後ずっと声のみでの出演なのもすごいw
いや上映前に、渡辺謙が川口教授な「はやぶさ」映画の予告やってて、ギャバン観る前からウルウルしてたんだけど、本編始まったら佐野史郎出てくるんで「そういえば前のはやぶさ映画ではこの人が川口教授やったんだよなー。思い返すとあの映画の途中でも急に『クックック…愚かな人類どもよ…』とか笑いそうではあったよなー」と思っちゃって笑った。
魔空監獄の囚人、及川奈央とか山崎真実とか(写真集手に持ってるw)混じってて可笑しいんだけど、あれ時間さえ許せばもっと出したかったろうなあ。ああいうごちゃごちゃした楽しげなノリって東映独特のムードだよね。
あとお披露目公演なのか、えらく唐突に登場する新しい戦隊は…あのコスチュームでいいんですかね…今からでもデザインやり直した方が…何か冬の海で釣りしてる人みたいな…。んで「とくめいせんたい」って、匿名性を盾に正義の味方気取り?悪の組織のスポンサーに電凸とか、怪人の住所特定とかするの?って一瞬思ったけどまあ特命だよね。
上映後の新作予告の「全スーパー戦隊VS全仮面ライダー!」って煽りに客席のちびっ子が「すっげー!」と反応してたので東映は安泰だ。いや、実際すごいと思う。だって全部出るんだよ?
さあ次に復活するのは美少女仮面ポワトリンロボット8ちゃんか!はたまた星雲仮面マシンマンか!