honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

一日に映画を何本観られるか

興味がある映画の公開日が立て込んだので、日曜日のうちにどれだけ観られるかとまた考えた。
具体的にどう考えたかって、その映画を上映する劇場の所在地と上映時間を紙に書き出し、組み合わせをいろいろ試し、点と線を結んだだけというアナログ極まりない手法なんだけど。

人物相関図かつ時刻表サスペンスかっていう。「間接的に殺害」とか入りそう。
まずこれ見て次にここでこれ見れ、とチャッチャカ提案してくるアプリを開発してくれれば少なくとも俺は買う。
ギャバン」は時間が短いから最初まず観るだろ、で「無言歌」がもう終わりそうだから優先して「ピアノマニア」は先送り、同じ街には二度行けないから新宿→有楽町→渋谷って感じかな、地下鉄で移動なら何線だ?とそういう感じで。基本的に同じジャンルから二本は観ない。混ざりそうだから。
まあ計画は綿密に組まれたものの、実際のところはそんなに早く出かけられなかった(それで「ギャバン」08:40〜の回を諦めた)り、2本目を観終わったところで(観た映画の内容も伴って)死にそうな飢餓感に襲われてちゃんとご飯を食べちゃったり(「ジョニー・イングリッシュ」はそれで諦めた)、ちょっと本屋に寄りたくなったり、「あー…アニマル・キングダムは保留にしておこうかな…」と思ったり(犯罪ものということで「預言者」とかぶる)して、結局4本観るに留まった。去年の10月9日(id:hon:20111009)と一緒だ。食べる物を事前に買っておいたりの準備がないと5本をスムーズに観るのはけっこう難しい。6本ともなると運も左右してくる。ネットで席が取れる劇場ばかりじゃないのもけっこうキツい。そして今回はバルト9からヒューマントラストシネマ有楽町まで30分以内に移動するとかもかなりギリギリだった。
だいたい観たい映画が5本とかあること自体が稀ではあるんだけども。