honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

2011年ベスト10

  1. ラブ・アゲイン
  2. ソーシャル・ネットワーク
  3. 「4デイズ」
  4. 宇宙人ポール
  5. ミッション:8ミニッツ
  6. 塔の上のラプンツェル
  7. 猿の惑星 創世記」
  8. 復讐捜査線
  9. SUPER 8
  10. 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」

熾烈な選考の末に「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「ステイ・フレンズ」「メアリー&マックス」「アジョシ」などを断腸の思いで落としてるので7〜9あたりはそれらと入れ替わってても何らおかしくなかったとお考えください。他に「完全なる報復」「ザ・タウン」「悪魔を見た」「127時間」「マネーボール」「トゥルー・グリッド」「アリス・クリードの失踪」とかが並んでおります。それくらい、今年はとんでもない激戦区。
ラブ・アゲイン」「ソーシャル・ネットワーク」は劇場に2回行ってるのでしょうがない。普通に、2回くらいは観ないといけない、という作り込み具合だった。
「4デイズ」はとにかく体が反応しちゃったのでしょうがない。
宇宙人ポール」「ミッション:8ミニッツ」「SUPER 8」あたりは、「これは…F!」と感じてしまったという、藤子・F・不二雄らしさがあるかどうかという独自の基準の結果なんですまない。しょうがないんだ。いやまあ「SUPER 8」はエル・ファニングだけで一気に食い込んだっていう。どんだけの少女力だ。
塔の上のラプンツェル」は震災後のあのタイミングという公開時期と、隣に座ったお客さん効果でこれも余裕。
猿の惑星」やっぱあれだけエモーショナルなのはすごい。「ファーストジェネレーション」とギリギリまで迷った末ウホ。
復讐捜査線」の公開も英断だったのでソフト化の際は「被曝」という単語を臆せず出してほしい。
ラストの「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」はいまだに引きずってるという、喉に刺さった小骨みたいな映画という意味で悪夢のランクイン。なんてこったい。

復讐捜査線 [Blu-ray]

復讐捜査線 [Blu-ray]

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]