honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「ローラーガールズ・ダイアリー」

良かった。とてもチャーミングな作品。
ドリュー・バリモア監督は映画をとても愛してるし、映画の方もドリュー監督を愛しているって感じがすごくする。
「映画に一番必要なのって何ですかね?」ってボンクラな問いをされたら「え、まず女同士がずぶ濡れになっての乱闘でしょ」と素の表情で答えそうなドリュー監督に、深々と頭を下げるしかない。ほらそこのあなた!あなたも頭を下げて!
主役のエレン・ペイジ、ちまっとした顔がいいね。総じてゴツい選手たちの中にあって、すばしこさで抜きん出る華奢な新入りというのも定番ながら説得力があって良し。
そして脇役もそれぞれに素晴らしい。まず何よりカーチャン役な!「ミスト」の狂信者にして扇動者役をノリノリで演じて凄惨な結末を迎えて観客の喝采を浴びてたマーシャ・ゲイ・ハーデンさんじゃないっすか!娘が朝帰りするのを延々アイロンがけして待ち構えてた姿には何かスイッチが入って俺が謝りそうになっちゃったよ。娘のスピーチ原稿を読んだ後の芝居も良かったなー。監督自身も女優だから、こういう芝居をきちんと掬ってほしいとつねづね思ってたんだろうなー。トーチャン役も愛嬌があって見せ場もあっていいし、割り切ってコンテスト快進撃を続けてる、「出来る妹」役の子役もいい。
で、チームメイトの出方もいいよね。登場するなり自販機をボコボコにしてる(たぶんカネ入れたのに出ねえとか、そういうことだと思う。てかそうであってほしい)カナダ出身のマンソン姉妹とかもふいた。一発で覚えちゃうよなー、そういう登場の仕方。彼女らが聾唖(コーチへの文句を手話ですることでそれがわかる)だったりするところとか、そういうとこで国内の類似作品といちいち差がつくんだよなー。あっゾーイ・ベルって「デス・プルーフ」の!ドリュー監督(超楽しそうにチームメイトを演じてる)も、婚約者を皆に紹介するシーン、素晴らしすぎた。ひとつ空けて右隣に座ってたおっさんが実にいい反応をする人で、一緒になって笑ってた。マギー・メイヘム(暴力)さん役は日本でやるとしたら土屋アンナとか、リアル一児の母だよね、絶対に(ちなみに脳内日本版主人公は蒼井優な。連ドラでやるから。)。もちろん一色紗英 でもいい。んで作戦名にいちいちサブタイトルつけてるコーチ(ウィルソン兄弟なんだね)もいいよね。マメだよね。
そんでもってライバル役な!ジュリエット・ルイスな!何作か見逃してるうちに、超久しぶりに見ることに…何ぶりだろ、え、「カリフォルニア」「蜘蛛女」ときて…「フロム・ダスク・ティル・ドーン」以来??同い年なんだよね…
いやー、いいシーン多かったよね。オースティンに行くときの、「自分の街をバスに乗って眺める感じ」とか、すごい分かる。プールでのラブシーンも実に良かったよね!画面に浮遊感と開放感があって!
おまけ・観よう観ようって思うきっかけになった山崎まどかさんのツイート

その他、自分の見てるTL上でもすごく評判よくてなー。上映館少ないよー。川崎でもやろうよー。
お、さらに。さらに、のまとめ→http://togetter.com/li/28485