honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

(前提・「ルサンチマン」は読んだ。「アイアムアヒーロー」は単行本で読んでる。「宮本から君へ」みたいなサラリーマンの青春ものでヒロインがおとなしそうな顔して超ビッチ、と聞いております)
眼鏡かけてる30代前後のサラリーマンが見ると途中で視界が何度も赤く染まってやがて死に至る、毒の沼地のような映画だと聞いてあわてて該当する友人を連れて駆けつけました!俺、眼鏡かけてないしサラリーマンでもないからいい感じで他人事っぽく楽しめた!「ゆれる」さえ再び見なければ俺は死なない!大丈夫、怖くない!
ボンクラコメディとして良い出来。客席のノリもよく、何度も爆笑の渦に。峯田和伸って初めて見たけど、結婚式のお祝いスピーチのとことか本当にどうしようもなくて、実にいい。
というか出演者は皆、良かった。全員ナイスキャスティングだ。松田龍平、うまくなってるよなー。YOUの「色々あった感」もいい。こういう人、うちの町に大勢いる。
個人的に嬉しかったのはジャイアンの母ちゃんの声でおなじみの青木和代さんが主人公の会社の事務員さん役で、まさに誰得な透けブラとか、送別会のカラオケの場面で主人公の絶唱にちゃんと手拍子してあげてるところをアップで抜かれてたりするところかな。あとでんでんも良かったしリリー・フランキーも良かった。つまるところ全員良かった。