honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

連休中に買った漫画

この連休は店もやや暇だったので集中的に漫画買って読んでた。


21日

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

ネット各所で評判なので購入。発売から2年半で15刷か。売れてるね。
麻雀が野球なみに普及した並行世界が舞台の、高校雀児たちの物語。男子もやってるかもしれないけど、別に誰も興味ないよね、みたいな。
このふわふわした絵柄は生きている人間って感じがまるでしなくて、かなり苦手なんだけど、肝心の麻雀の話になりさえすればこれからかなり面白くなっていきそうなんで、ちょっと続きを読んでみるほかないな、と。各所(Tumblrとか)で話題の「池田」というキャラがやや気になっているので、それ待ちという側面もある。
凍牌 1 (ヤングチャンピオンコミックス)

凍牌 1 (ヤングチャンピオンコミックス)

id:fukafukaのおすすめで購入。
デッサンとか微妙に狂ってるんだけど、主人公が殺気を放つときはそれが凄味になっているように思う。次も読もう。
秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))

秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))

このマンガがすごい!」でランキング入りしてて購入。
これがまた厄介なことに、惣領冬実(「チェザーレ」、2巻で挫折中。ちゃんとお金払って買ったんで見逃してください)とかこの人とかの端整な絵も苦手で…何か、自分が漫画に求める躍動感に乏しいというか…のめりこめなくて…
そういうこと言い出すと読める漫画が減ってくるからなあ…強引にのめりこむ能力が必要だよなあ…
でも話はかなり面白い。セリフもいい。
GAMBLE FISH 1 (少年チャンピオン・コミックス)

GAMBLE FISH 1 (少年チャンピオン・コミックス)

このマンガがすごい!」でランキング入りしてて購入。
やたら力みなぎってる絵、いかにもなチャンピオン世界。
最初の強敵、マジシャン娘は「何も隠してません」と言いたいがため(だけ)にピッコロ大魔王みたいな舎監の前で全裸になって真面目な顔でカード捌きの説明してて(そして舎監もエロい気持ちに全くならずに真面目に聞いてて)笑う。お互い勝負ごとにのみノリノリである
パタリロ! 82 (花とゆめCOMICS)

パタリロ! 82 (花とゆめCOMICS)

完全に惰性で、見かけてつい買っちまった…。読めばそこそこ読めちゃうけど、驚きとかワクワクとかはもう全くない…絵も嫌な感じに歪んでるし…正直もうやめたいな…


22日
GAMBLE FISH 2 (少年チャンピオン・コミックス)

GAMBLE FISH 2 (少年チャンピオン・コミックス)

マジシャン娘とのブラックジャック対決が「チェーンソーで指を切る」ことを賭ける事態になってしまって(させたのは主人公だけども)、その展開にも大笑いだが、事態の終始に乗り込んできた学園長の孫娘ってキャラが、その瞬間もう全く無意味に

パンチラしてて、そこが限界、爆笑した。
駅から5分 1 (クイーンズコミックス)

駅から5分 1 (クイーンズコミックス)

このマンガがすごい!」でランキング入りしてて(r。
第1話だけ読んだ。文法が独特で(枠線とかね)少しとまどうが、これは確かに凄い。1話だけで充分そう言える。


23日
午前中に
文化部をいくつか (ヤングジャンプコミックス)

文化部をいくつか (ヤングジャンプコミックス)

ジャケ買い。うーん…こういうのなら道満晴明の独り勝ちかな…
咲 Saki (2) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (2) (ヤングガンガンコミックス)

お、相手校に池田華菜、登場した。やはりキャラデザがいいのか、ようやく生きてる人が来てくれた、と思えるよ。
というかメインの人たちのデザイン・性格設定その他がイマイチなまま始まってしまった気が個人的にはする。
池田華菜がいる風越高校チームのキャプテンが常に右目をつぶってて、ここぞという時に開くのには当然賛成です。何の能力かはよくわからないが、そんなのは小さなことだ。
凍牌 2 (ヤングチャンピオンコミックス)

凍牌 2 (ヤングチャンピオンコミックス)

堂島って「世紀末リーダー伝たけし」の登場人物みたいだ。
押入れにいる外国人の子との出会いエピ、良いね。


閉店間際に駆け込み、
シスタージェネレーター 沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)

シスタージェネレーター 沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)

そうそう、この最後の西部劇が読みたくて、それかと思って「ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)」買っちゃってしばらく凹んでたのもいい思い出。
咲 Saki (3) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (3) (ヤングガンガンコミックス)

ええい、いいから池田華菜を出せっ!とテム・レイ化。いや実際、こいつが人間ながら、超能力者や魔物や神とどうにか闘っていく(そして負けていく。勝てるわけない)漫画でいいんじゃないかと。
主人公の先輩の部長が、地味ながらなかなかいい活躍。わざと悪い待ちにするって熱いなあ。
風越のキャプテンが後輩の劣勢にポロポロ泣いて、それを見た時の池田のモノローグにグッときてる。
咲 Saki (4) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (4) (ヤングガンガンコミックス)

まさか麻雀漫画で叙述トリックを見るとは。笑った。何のことやらw
よし、ようやく大将戦だ!池田ァ!
咲 Saki (5) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (5) (ヤングガンガンコミックス)

いやいや、この表紙の人は前の巻の人じゃないか。池田を出せ!
いやー、池田が死にそうになりながら試合してるこのくだりがまさにクライマックスですね!登場しなくなったらこの漫画自体読まなくなりそうだ!
それにしても、龍門淵高校って、何で全員着てる制服がバラバラなのかね。あれはみんな私服?
潔く柔く 1 (マーガレットコミックス)

潔く柔く 1 (マーガレットコミックス)

id:ichinics:20090914:p2を読んで、相当良いらしいので購入。まだ読んでない。
てか3日で漫画15冊買ってる。
あと土曜日に「沈夫人の料理人」2巻〜4巻(完結)と「沈夫人の料理店」1巻も買ってる。


で、今日(24日)は、
咲 Saki (6) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (6) (ヤングガンガンコミックス)

池田がけなげに頑張っているので、それだけでもう満足。立ち直って急にかっこつける第44局がとてもよかった。
そしていよいよ始動した神キャラが牌をどうかするたび卓上で爆発が起こってて笑う。漫画的表現なのに爆風で隣のキャラの髪の毛なびいてる。いやもちろん徹頭徹尾漫画世界にいるわけだからそれでいいんだが。
凍牌 3 (ヤングチャンピオンコミックス)

凍牌 3 (ヤングチャンピオンコミックス)

足の指ならまあいっか、みたいな世界。よくねえー


さらにAmazonから
キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)

キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)

空想科学X 1 (電撃コミックス EX 108-1 THE NONSENSE OF WO)

空想科学X 1 (電撃コミックス EX 108-1 THE NONSENSE OF WO)

GAMBLE FISH 3 (少年チャンピオン・コミックス)

GAMBLE FISH 3 (少年チャンピオン・コミックス)

GAMBLE FISH 4 (少年チャンピオン・コミックス)

GAMBLE FISH 4 (少年チャンピオン・コミックス)