honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

現代マンガ図書館に行ってきた

id:hon:20090625#p1の続き。
おおきく振りかぶって」の単行本と連載との開きに業を煮やした俺たち特効部隊は、濡れ衣を着せられ(雨降ってきちゃって)早稲田に向かうことにした。
(単行本化の遅れについてはこことか参照→http://ofmatome.tuzikaze.com/tankoubon.html#okure
間違えないように携帯電話のテキストメモに「アフタヌーン2007年8月号掲載分まで読んだ」と入れて外苑東通りを北上。

大きな地図で見る
新目白通りとぶつかる角にそれはある。

パンフレットによれば、2006年12月の時点で、
単行本約10万冊、雑誌約7万冊、その他雑誌(同人誌・シナリオ・映画パンフ・絵本など)4000冊が所蔵されているとのこと。
今はもっと増えてるんだよな…この6階建てのビルにそんなに収納出来るものなのか…内記さんハンパねえ…

数年前から気にはなっていたんだけど、今回ようやく行くことが出来た。
アフタヌーンのバックナンバーなんか、ここか国会図書館講談社アフタヌーン好きの人(「まだモーニングと同じ厚さのときから全部あります!」みたいな)の家にしか無いからねえ(けっこうあちこちにあるな)。

2階に上がると受付がある。入館料300円。
そのすぐ前が閲覧用のテーブル。4人掛け。先客は二人。そこそこの年齢。良かった、夏休み入ったってことで子供がわんさかいたらどうしようかと…
受付窓口のすぐ前に布製の表紙のバインダーがズラリと並んでいる。それで読みたいものを選んでその番号を所定の紙に書いて持ってきてもらう仕組み。1冊100円。
それにしてももう、そこかしこにマンガが積んであるなー。とてもファインダーにおさまらない…今度来るときは魚眼に近いレンズ持ってって撮影させてもらおうかな…あっ、レジの向こうにひぐちアサのサイン貼ってあるな…
(中の様子はこんな感じ→http://www.naiki-collection.jp/index.php?%CD%F8%CD%D1%B0%C6%C6%E2
おお、バインダーの目録、手書きだ。
そしてComicアフタヌーン2007年9月号から12月号までを書き込み、400円払って待つ。ひとまずそこまでにしてみよう。
どれくらい(作中の)試合が長引くのか分からないんだよね。ネタバレ踏みたくないから調べてないし。
待つことしばし、司書(と呼ぶのか?)の兄さんが一抱えのアフタヌーンとともに戻ってくる。
…もうそこからはわんこそば状態。もう一号!もう一号!ええいまとめて!みたいな。
結局マネージャーの篠岡の好きな人までわかってしまった。そういえば伏線あったなあ。