honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「クローザー」シーズン1

「デクスター」の下に並んでて、「CIA仕込みの尋問術を駆使する、スイーツ依存で方向音痴のバツイチ捜査官」という主人公の設定に惹かれてレンタル。
…ってそこそこ詳細なエントリ書いてたのに全部消えちまった!がー!
もういい!以下羅列!
■第1話「偽りの素顔」パイロット版みたいだ。
■第2話「裏切りの代償」ここより通常営業です。

><

○主人公ブレンダ・ジョンソン(もうちょい変わった名前をつける手もあったと思う)を演じるのはキーラ・セジウィック。初めて聞く名前だが、ケビン・ベーコンの奥さんなんだ。アヒル顔な美人だ。えっ結婚して21年め?子供ふたり?へー、ケビン・ベーコンって意外とちゃんとしてんだな。何かもっと適当な男かひどい男かと思ってた(失礼)。「トレマーズ」と「インビジブル」のせいだな。
○でもあんな甘いもん始終食ってて全然太ってないなんてドウイウコトディスカ!とはいえ歩くときの後姿が何か微妙におかしい。ガシガシって感じで歩いてる。これは役作りなんだろうか。そして部屋でゴロゴロしてむうむう唸りながら菓子を頬張る姿はどう見てもダメ人間。何かの成れの果て。すばらしい。
○そんな主人公の声を吹き替えるのは山像かおり。「アリーMYラブ」でアリーのルームメイトのレネの声を吹き替えた人。
○嫌味タラタラのフリン警部補の声を吹き替えるは稲葉実。どうしてもフランダースを思い出しちゃってそのギャップがなんともおかしい。
○運転手かつカバン持ちにさせられそうなガブリエル巡査部長の声を吹き替えるは竹若拓磨。誰かの声とすごく似てる…あれだ、「ボーン・スプレマシー」でCIAのアボットに殺されてしまう部下のにいちゃんの声を吹き替えてる声優さん。名前が分からないなあ…似てない?
○「CIA仕込みの尋問術」って言っても何度も水槽に沈めたり自白剤を注射したりじゃありませんのでご安心ください(ねーよ)。普通の取調べです。ただ、いつ主人公が仕掛けてくるかでハラハラする。
○その時の様子を別室で固唾を飲んで見守る捜査班の面々を見るのが面白い。別に主人公の身内じゃないのに「どうよ、参った?」という気になってしまう。


映像的に斬新だとかは無いけども、ユニークなキャラと彼らが織り成す会話のテンポの良さでグイグイ見せる。