honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「もしも自分が康芳夫みたいなプロデューサーだったら」

今ならどういう興行打つか。
あ、康芳夫のことは各自で検索、いいな。
自分のところにこういうメールが届いたことにする。

件名: 主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました
差出人: 久光 peach_pie_seven@yahoo.co.jp 


いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。


自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。


一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
主人の仇に対する復讐の念が止まらなくなる時間も増えてきました。


主人の残した財産は莫大な額です。
つまり、謝礼は幾らでも出せますので、
私の復讐心を満たして欲しいのです。


お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
考えています。連絡、待っていますね。

度肝を抜かれ、久光さやか本人に直接会って彼女の亡き夫に対する深い愛情に感銘を受けた自分たちは、
すぐさまシンガポールに飛ぶ。
そこで現地スタッフが数人死ぬほどの冒険の果て、
とうとうそのオオアリクイを見つけ出し麻酔銃で捕獲、
檻に入れて日本に搬送し、未亡人との因縁の対決を興行するのだ!
しかしそこで驚愕の事実が判明する!
なんと、そのオオアリクイ(♀)もまた未亡オオアリクイであり、
つがいのオスの命を奪った密猟師こそ、
久光さやかの夫だったのだ!


何という運命の激突!
決戦の舞台は横浜アリーナ
地上最強の未亡生物はどっちだ!?
今夜、あなたは歴史の目撃者となる…(ゴゴン…と重低音が響く)