honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

パリス吉祥寺って全然フランスっぽくねー

バトルフランス!



なわけでフランス。
いや、なにも朝食にセブンイレブンの「焼きたて直送便 ミルキーフランス」を食べてるからそう思ったわけじゃありませんよ。
実際どうなんかと。
フランス人は他国でネタにされるのどう思ってるんですかね。
毎度のことで恐縮ですけど「ザ・シンプソンズ」で、レーザー兵器の照準を合わせている悪の秘密結社のボスに「一番ムカツく国は?」と聞かれたホーマーが間髪入れず「フランス」と答えたり*1、市長が「蛙を食べる野蛮人だ」と発言した報復に中性子爆弾インテルのロゴ入り)を投下してスプリングフィールドの人間を全滅させたり*2の仲良しぶりですけど、ちゃんと放映されてますよね?
すんなりとされてる気がすんですけど。一家が日本に来る話が放映されなかった日本と違って。

画像は皆様よくご存知のバトルフランスですよ。
え、嘘、知らない?
25年前に放映された「バトルフィーバーJ」を?
ああ何てこった。
まさか、知らない人がこんなにいるなんて。
日本人の一般常識の欠如もここまで来ると。ああ。
しょうがない。いいですか?
これはね、主人公側の各キャラクターがみんなそれぞれ世界の国を代表してるという、今から考えても画期的なお話なんですよ。
まずね、リーダーはバトルアメリカ。
ボディカラーは赤と青。胸には星ね。
陽気な熱血キャラなんですよ。
普段はカウボーイをしてますね。
で、NO.2のキザなヤツがこの画像の青い人、バトルフランスね。
普段は美容師やってますよ。
で、今だったらバトルロシアと呼ばれるであろうキャラはバトルコサックって名前で。
でもこれは慧眼ですよね。製作者側には先を見る目があった。
ソ連という国はあと12年くらいで崩壊するんじゃないか」と。
コサックダンスを取り入れた動きで敵を倒します。
でもって「アフリカ大陸からも一人入れよう」との配慮でバトルケニアが誕生。動物と一緒に暮らしてる。
キル・ビルVOL.1』にも千葉ちゃんの相方役で出てた大葉健二が野性味溢れる好演で人気でしたね。
で、最後が紅一点でミスジャパン。
清楚でいてセクシーという超つごういいキャラ。
案の定バトルアメリカの恋人。
けなげに尽くすんですけど、シーズン途中で敵の凶弾に倒れます。バトルアメリカを庇ってね。あれは切なかった。
バトルアメリカの野郎その回は涙を見せるんですけど、次の回になったらそんなことコロッと忘れて新登場のミスチャイナにメロメロになってやがんの。子供心にあれはショックだった。
そんなねえ、すごい美脚でチャイナ服着てるからって、そりゃねえよなと。
ああでもやっぱ昔のこったから細部が不明瞭だなぁ。いかんいかん。

><

で強引に切り替えますが

*1:第149話『ホーマーは二度越す』

*2:第197話『ハロウィンスペシャルⅤⅢ』