honkyochiblog

honkyochinikkiから派生しました

「露警察に婦女暴行と恐喝がまん延?…元警官が告発」

【モスクワ=古本朗】市民の安全を守るべき警察で、組織ぐるみの婦女暴行や恐喝がまかり通っている――。ロシア紙ノバヤ・ガゼータは、露警察の戦慄すべき“実態”を暴く元警官の告発を報じた。
 告発したのは、最近まで6年間にわたりモスクワの地下鉄警察に勤務していたアリ・ハミドゥリン氏。5年前に管轄していた駅では、女子学生が2人の警官に暴行された。さらには、幹部が若い女性を連れてくるよう部下に“注文”するのを目撃、指示通り「女性たちが拘束され、分署ヘ連行された」という。
 また、元上官で、今も現役の幹部は、警官たちにそれぞれ、その日の勤務時間内に市民からゆすり取ってくる金額を割り当て、勤務終了時に自分の制帽に入れさせていた。
 告発内容の立証は困難だが、同氏は、いったん警察に就職すると、組織ぐるみの悪行に加担する以外に道はなく、「それを嫌えば、でっち上げの刑事訴追を受けるなどして片づけられる」と語っている。同氏自身、腐敗に抵抗し続けた末、「規律違反」で免職処分となったことを不当とし、警察を相手に法廷で係争中という。(読売新聞)

この記事から分かること→「ロシアの制帽にはお金を入れるスペースがある」
いやー。
我らが神奈川県警もまだまだです。